B3 -
CR-8000/DS-2の設計環境構築と定着活動のご紹介
パナソニック株式会社
エレクトリックワークス社 ライティング事業部
デバイス・システム開発センター 基幹デバイス開発部 新潟商品技術課
課長
𠮷田 和雄 様
開発効率化の実現のため、CAD/PDMを利用しての設計工数の省力化と人的ミスによる後戻り、設計品質ロスの低減を狙い、DS-2、CR-8000を選定してまいりました。本セッションでは、CR-8000/DS-2の導入と設計環境の構築、及び定着までの取組についてご紹介いたします。